大会長挨拶

大会長挨拶

 日本精神衛生学会第37回大会で大会長を務めさせていただきます水口進です。よろしくお願いいたします。

 第21回大会が秋田県大館市で開催された2005年,秋田にいた私は,今は亡き成田猛大会長に誘われ大会運営のお手伝いをすることになりました。私と本学会の縁はここからはじまりました。当時の学会理事長は常磐大学教授の高塚雄介先生でした。その翌年の4月,私が常磐大学の教壇に立っていようとは,そのとき,私自身想像していませんでした。

 高塚先生は私と入れ替わるように明星大学に移られました。高塚先生の後任という重積を背負い15年が経過し,来年には定年を迎えようしている今年,私が第37回大会の大会長をお引き受けするようになったことに更に大きな縁を感じています。

 現理事長の影山隆之先生から大会開催の打診があった2019年の秋,新型コロナウイルス感染症の発症例はまだ報告されていませんでした。当然のことながら,その後,世の中が新型コロナウイルス一色に染まるとはこれまた想像もしていませんでした。

 ようやくコロナワクチンの接種がはじまりました。今後コロナが収束に向かい,常磐大学で大会を行うことができればよいのですが,現地開催の決定を現段階で下すのは難しく,昨年度同様,この37回大会もWeb大会にする方向で準備を進めています。

 どこからでも,どんな姿勢でも,どんな衣服をまとっていても参加できるのがWeb開催の良さかもしれません。この1年,われわれはWeb学会,Web研修会,Web会議など,多くのWeb経験をしてきました。
 そうした経験を今大会に生かすことができれば思っています。

大会長:水口進(常磐大学大学院人間科学研究科教授)

 日本精神衛生学会第37回大会で大会長を務めさせていただきます水口進です。よろしくお願いいたします。

 第21回大会が秋田県大館市で開催された2005年,秋田にいた私は,今は亡き成田猛大会長に誘われ大会運営のお手伝いをすることになりました。私と本学会の縁はここからはじまりました。

 当時の学会理事長は常磐大学教授の高塚雄介先生でした。その翌年の4月,私が常磐大学の教壇に立っていようとは,そのとき,私自身想像していませんでした。

 高塚先生は私と入れ替わるように明星大学に移られました。高塚先生の後任という重積を背負い15年が経過し,来年には定年を迎えようしている今年,私が第37回大会の大会長をお引き受けするようになったことに更に大きな縁を感じています。

 現理事長の影山隆之先生から大会開催の打診があった2019年の秋,新型コロナウイルス感染症の発症例はまだ報告されていませんでした。

 当然のことながら,その後,世の中が新型コロナウイルス一色に染まるとはこれまた想像もしていませんでした。

 ようやくコロナワクチンの接種がはじまりました。今後コロナが収束に向かい,常磐大学で大会を行うことができればよいのですが,現地開催の決定を現段階で下すのは難しく,昨年度同様,この37回大会もWeb大会にする方向で準備を進めています。

 どこからでも,どんな姿勢でも,どんな衣服をまとっていても参加できるのがWeb開催の良さかもしれません。この1年,われわれはWeb学会,Web研修会,Web会議など,多くのWeb経験をしてきました。

 そうした経験を今大会に生かすことができれば思っています。

大会長:水口進(常磐大学大学院人間科学研究科教授)

更新日:

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.